不動産の買取

不動産を買い取ってもらう場合のどんな感じかといったことですが、土地や家などを売ろうと思ったら、売買の仲介を不動産会社がすることで、不動産の買い手を探してもらうということをするかと思いますが、仲介ではなく不動産売買業者に売ってしまう手もあります。この場合はその不動産の査定額は査定をする会社によって買取価格も違ってきますので、その不動産会社はいくらで買い取ってもらえるのか正式な金額を提示してもらっておくことが必要です。

 

不動産買い取りをしてもらう際のポイントとしては提出された見積もりが思ったよりも安い時は、比較をするために他の不動産売買業者にも聞いてみることです。先に複数の会社に連絡をして、売りたい物件の価格を聞いておくといったことをするほうがよいでしょう。または、よくある方法なのですが最初は仲介の形で広告を出して、買い手がなかなか居ないようでしたら、買取をすると不動産会社から打診があるところもあります。

 

ただ、気を付けておくべきなのは、仲介だけをして手数料をもらうよりも、買い取った場合の方が利益が大きいために、現実には買い手は居たにもかかわらず、ウソを言って買い手がいなかったということにしておいて自分たちで買取をするということにして、その物件を安く買いたたいてその分利益を出そうとしている不動産会社もありますから注意しましょう。